歯科用インプラントとは、
天然歯根の代用となる人工歯根のことです。
入れ歯やブリッジでしか対応のできなかった、
歯を失った箇所に、人工歯根を入れて、
再び咬む機能を回復させる治療です。
インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。

■歯が1本抜けた場合

健康な歯を全く削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

■歯が数本抜けた場合

針金つきの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます。

■歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

インプラント手術は痛くありません。

インプラント埋入手術に伴う不自由さ痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えてください。 埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。 インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。 約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。

レントゲンなどによって充分な診断の後、
インプラント治療に関する説明を受けます。 インプラント治療は
専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを
局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

インプラントの骨がしっかりとつくまで約6~24週間※待ちます。
※骨の状態など、様々な条件により異なります。

ここで人口の歯を取り付けます。手術2回式のインプラントの場合は
ここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。
インプラントの治療の終了後はホームケアが重要です。
正しい歯みがきと定期健診を受けましょう。

1.毎日の念入りな歯みがき

最も重要なホームケアが歯磨きです。「食べたらすぐみがく」を心がけましょう。

2.歯医者さんでの定期健診

治療終了後は先生の指示に従って必ず定期的に検診を受けましょう。検診では、インプラントの状態、かみ合わせのバランスのチェックなどと専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れを行います。

Q1 歯槽膿漏でも大丈夫ですか

A 歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。 治療と正しい歯みがきを見につけることで歯槽膿漏を治し、それからインプラントを入れます。

Q2 何本入れればいいのですか?多い方がいいのですか?

A 抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。 顎の骨の状態によっては入れることができない場合もあります。

Q3 治療期間はどのくらいかかるのですか?

A 一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが6週間~24週間かかります。 その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。

Q4 手術の際には入院が必要ですか?

A ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日は安静にしてください。

Q5 インプラントはどのくらいもちますか?

A インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。 しかし、歯みがきが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然菌と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。 このようになったインプラントは抜くしか仕方ありません。インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯みがきし、必ず定期検診を受けてチェックと指導をしてもらわなければなりません。

Q6 治療費はどのくらいかかりますか?

A インプラント治療は自由(自費)診療ですので診察を含め、保険はききません。使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人口歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。 事前に先生とよく相談してください。

Q7 インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?

A 口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。 処置時間はだいたい30~120分位です。ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みがまったくないわけではありません。 手術後1~2日痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治まります。
■インプラント治療費用
埋入・・・¥200,000
かぶせ物・・・¥50,000~¥140,000(素材による)